やまた幼稚園

やまた幼稚園の特徴

毎日の英語

母国語を身につけるのと同じように、“毎日、英語に触れる”プログラムを用意することで、子供たちは効果的に英語を身につけていきます。

  • レッスン風景
  • 園庭での読み聞かせ
  • スタッフミーティング
  • 授業風景
  • プールにて
  • 園庭で
  • お弁当タイム
  • レッスン風景

毎日英語を勉強する。語学の学習には大人も子どもも日々の取り組みが最も効果的です。海外の教育機関では、第二言語の習得のために、毎日一限に語学の授業が設けられているところは珍しくありません。そして、幼児期にはコミュニケーションを通じた学習法が効果的です。 毎日続ければ、留学の際にTOEFLやIELTSでListeningやSpeakingがネックになることはないでしょう。現在の栗原学園の指導陣には、海外の大学や大学院で学位を取得したメンバーが在籍しているのも強みです。

自分で考え行動する

私たちは、“自分で考えて行動する”子を園児像のひとつとして掲げています。それは子供たちのみならず、教職員においても同様です。

  • お手伝い
  • お寿司屋さん
  • 早く走る方法
  • えいえいおー
  • リレー
  • 上級生がお世話1
  • 上級生がお世話2
  • 図鑑
  • 天の川1
  • 天の川2

私たちは、自分で考え行動できる人財の育成を掲げており、その対象はお子さんに留まりません。自分で考え行動する子は自分で考え行動する教職員、そしてご両親の背中を見て育つという考えに立っています。 教職員には計画立案、遂行、記録というサイクルの中で子どもや自らの活動を言葉にすることを求めています。同時に指導技術を高めるべく、傾聴、アサーション、記録、teachingやcoachingの使い分けといった総合的な内容から、音楽、体育、語学などの教科別の技術まで、年間100時間以上を研修に投じています。

リトミック&表現活動

リトミック研究センターや劇団四季出身の舞踏家とも連携しながら、質の高い“リトミック&表現活動”を実現しています。

  • ピアニスト
  • ミュージカル1
  • ミュージカル2
  • ミュージカル3
  • ミュージカル4
  • ミュージカル5
  • リトミック1
  • リトミック2

リトミックを取り入れて4年目に入り、朝の会や帰りの会で毎日取り組んでいます。リトミック研究センターの石井保江先生と活動内容を計画し、教授法について指導を受けています。 教室には高品質なアコースティックピアノを備え、週末にリトミック研究センターの研修会場として音楽指導法の学びの舎にもなっています。 現園長は、慶應義塾ワグネル・ソサィエティ・オーケストラ出身であり、バレエの素養のある職員も在籍しています。今期は劇団四季出身の舞踏家からも、表現活動についての指導法を学んでいきます。

数的推理能力を育む

やまた幼稚園では、日々の生活・遊びのなかで、いかに“数的推理能力”を育んでいくか、幼児期にふさわしい環境や遊び方を追求していきます。

  • ドミノ
  • カタミノ1
  • カタミノ2
  • カタミノ3
  • カタミノ4
  • グラフで進捗確認
  • マグフォーマー1
  • マグフォーマー2
  • マグフォーマー3
  • マグフォーマー4
  • みかんを数える
  • 住宅設計

日常生活の中で、順番に並ぶ、ブロックや積み木で遊び、収穫した果物の数を数える、縄跳びの数を記録する、といった取組みを行っています。 教育要領の改訂も見据え、東京大学理学部数学科卒、現学校法人河合塾数学科講師の野尻先生を理事に招聘し、数的推理能力を育むにあたって、幼児期にふさわしい環境や遊び方を検討しています。 2017年度からはクラス全体で、また、家庭では個人で取り組めるような積み木(カタミノ)を試験的に導入しています。グループのFunshine Academyでの英語での取組みも参考にしていく予定です。

給食と食育

食べることは生きること。やまた幼稚園では、多様な味を知り、生産者の思いを知る“食育”活動に加え、2017年度からは“給食”の提供もはじめました。

  • おにぎり
  • お餅つき
  • ジャガイモの味噌汁
  • トマト収穫
  • 園庭からの恵み
  • 園庭ランチ
  • 給食
  • 人参切り
  • 大根葉切り
  • 梅ジュース

人の体は食べたものからできています。味蕾の発達する時期に、多様な味に触れさせ、生産活動を通じた人の営みにも触れさせたい。 園庭には田畑や果樹の恵みを分かちあう機会があります。プレ保育ふたばでは、季節の果物の酸味や苦味にはじめて触れるお子さんもいらっしゃいます。 グループ内の保育園は秋田や広島のお米農家を訪問して直接仕入れており、第三者評価でも高い評価を得ています。 2017年度から幼稚園でも希望者向けに給食の提供を行っています。

地域最大級の園庭

やまた幼稚園の歴代の幼児教育に対する強い意志が、“地域最大級の園庭”に表れています。実り豊かな自然、多様な生命が、子供たちの心と体を育みます。

  • うさぎの世話
  • きのこ発見
  • きゅうり
  • シロツメグサ
  • ハロウィン
  • みかんの収穫
  • ミミズ
  • やぎ
  • やぎの世話
  • 夏みかん収穫
  • 小径
  • 水あげ
  • 大根収穫
  • 虫見つけた
  • 蝶の成長
  • 米作り:田おこし
  • 米作り:田植え
  • 米作り:観察画
  • 米作り:脱穀1
  • 米作り:脱穀2
  • 米作り:稲刈り
  • 木ノ実の中は?

野鳥のさえずりの聞こえる地域最大級の園庭、木のぬくもりのある園舎、四季折々の果樹や動物たち。日々アメンボをみることのできる水田や畑。毎年多くの人が園庭に惹かれてやってきます。 これらは自然に在るものではありません。目に映るものは表層に過ぎません。歴代の教育に向けられた意志がカタチを成したものです。蜜柑があるのは黄アゲハが卵を植え付けてくれるから。芝生は夏の暑さを和らげ、裸足になりやすくしてくれるから。 たとえビルの谷間でも、私たちは環境を整えて行きます。