やまた幼稚園

BLOG

2020/10/23

水に親しむ

水泳のある日は幼稚園で着替えをし、バスでイトマンスイミングスクールに移動をします。子どもたちは『泳力調査票』に基づいたグループに分かれて活動に取り組んでいます。スイミングの経験がない子たちはまずはプールサイドに座ってバタ足をしたり、顔に水をかけたりと水に慣れるところからのスタートです。徐々に水に飛び込んだり、もぐったり、蹴伸びをしたりとそれぞれが新しい課題に取り組んでいきます。レベル別に分かれていることで、苦手な子は無理なく参加することができ、すでに水泳を習っている子たちは今の自分のレベルにあった活動に取り組むことができます。活動が終わると、「ちょっと怖かったけどできた」「赤い台(足がつくところ)がなくても進めた」と自分自身ができることが増えていることを実感し、さらに新しいことへ挑戦しようとする意欲へと繋がっています。水泳を通して、今の自分の力では少し難しいことにも自ら挑戦しようとする意欲や自己肯定感が育ち、できなかったことができるようになる嬉しさや達成感を感じることができます。

 

RELATED INFORMATION