やまた幼稚園

BLOG

2020/11/11

Light Night at YAMATA(その2)

キャンプの代わりの『お楽しみ』はいつにやるの?と声が上がっていたので、『夜の探検』や『キャンプファイヤー』をどうしたら実現することができるかをみんなで考えてみました。「プレイルームのカーテンを閉めると真っ暗になるよ。人形劇の時にも真っ暗だったもん」「たしかに!自分たちで『夜』を作れるね」「そこにライトを飾ったら綺麗だよ」「ライトを集めて飾ったら大きな光になるんじゃない?」「その大きな光の周りで踊ったらいいよ!」「いいねいいね!」と盛り上がっていきます。

「蛍も光るから連れていきたいけれど、どうしたら良い?」と悩む子には『ブラックライト』という新しい光を紹介しました。光を当てた場所が明るくなるのではなく、緑色に発光する不思議な光です。「光ってる!」「すごい!」と驚き、「これはどう?」と身の回りの様々なもので試してみるとポストイットや蛍光ペンが光ることを発見したので、それらを使って蛍を作ることになりました。

子どもたちの中から湧き上がる「やってみたい!」という力はとても大きなものです。『お楽しみ』は『Light Night at Yamata』と題し、保育中にプレイルームにてShoe Mix Upゲーム、歌の発表、キャンプファイヤーとフォークダンスをすることにしました。明かりが消えて、中央に集められたみんなのライトが光を放っているのを目にした瞬間の、子どもたちの喜びようと言ったら!

そして夜の探検は園児が帰宅した後の暗い園内に子どもたち手作りのライトを灯し、動画配信でお楽しみいただくことにしました。こちらは、Light Night at YAMATA(その3)をご覧ください。

RELATED INFORMATION