やまた幼稚園

BLOG

2018/06/19

ランチルームの魅力

4月からランチルームでの給食になって、給食の利点が最大限に活かせるようになりました。そこに集う全員が同じものを食べているので、「自分も食べてみよう」という気になるのですね。残食が明らかに減って、調理員も大喜びしています。そして、子どもたちが様々な食材や味覚に慣れてきたようにも思います。「家で食べるのより美味しい」という嬉しい声も聞こえます。

ランチルームでは、調理員も含め多くの職員が配膳やおかわりなどの役割を分担しています。「今日のフルーツは、甘夏です」「ご飯のおかわりはどうですか」「ちょっとだけでも食べてみようね」「これを食べると身体が丈夫になるよ」などの前向きな声かけも、上手く作用しているのかもしれません。

年少児から年長児までが揃い、異年齢の交流が自然と生まれる中で、子ども同士が学ぶ面も非常に大きいと感じます。登園から降園まで、どの時間であっても、子どもの学びや成長に繋がる空間や関わりを提供していきたい、心と身体どちらも健康(balanced)な子どもを育てたいと思います。

*2020年度は各保育室において給食提供をしております。

園長 栗原 弥生

RELATED INFORMATION