やまた幼稚園

BLOG

2017/11/02

読み聞かせで育つ「心の根っこ」

2017年11月の園だよりをお伝えします。
 

夏の暑さがぶり返したと思っていたら、突然冬のような寒さがやってきました。寝具や衣類を取り替えるのも一苦 労です。そんな陽気の中で行われた秋の遠足は、学年によって雨の日もあれば晴れの日もありましたが、子どもたち はどんな時でもその状況を楽しめる、遊びの天才だと感じます。私たち大人の日常には、子どもたちが日々感じてい るワクワク感があるだろうか?と我が身を振り返り、どこか旅に出て見知らぬものに出会ってみたいなぁと思ったの でした。

本とのふれあい

秋の夜長の楽しみが読書という方も多いことでしょう。私の場合はお風呂に本を持ち込み、のぼせてくるまでひたすら読む、というスタイルです。子どもたちが成長して、お風呂が自分だけの時間になったからこその楽しみ方だと思っています。

園では、やまた文庫の貸出バッグを手に登園してくる園児の姿が、すっかり馴染みの光景になりました。バッグの扱いや本の返却も慣れたものです。子どもたちがご家庭で絵本を読んでもらうことを楽しんでいる姿が目に浮かんできます。子どもたちはおはなしぽんぽこの公演を毎回とても楽しみにしていますし、小学校でもボランティアで絵本を読んでくださる方が活躍しているところもあります。読み聞かせの重要性が十分に認知された結果かもしれません。いくつになっても、人から物語を読んで聞かせてもらうのは想像の世界が広がる、楽しいことなのです。

「一呼吸の間」を大切に

では、読み聞かせが子どもに与える影響とはどのようなものなのでしょうか。読み聞かせでは、子どもの聴覚に言葉が直接入ってきます。視覚を使って自分一人で読むのに比べ、よりダイレクトに言葉への感情が生まれます。そして、読んでくれるお母さんの声に触れることは、親も一緒に物語の世界を歩いてくれているという一体感を感じることなのです。子どもは何度も同じ本を読んでもらいたがりますが、それはこの一体感をまた味わいたいと子どもが願っているからに他なりません。

読み聞かせは、お母さんの声を通じて、子どもが物語の主人公になり、その子なりのファンタジーの世界を広げることのできる時間となります。今まで一度も見たこと、聞いたこともないものであっても、子どもはその世界に憧れを抱き、大人には想像できないような光景を心の中に描いています。読み聞かせを通じて、子どもに幸せな一体感を与えることができるよう、親も言葉の持つ感情に気づき、子どもと一緒にそれを味わってみてください。子どもは、親が自分と同じ気持ちでいることを何よりも嬉しく感じます。理屈ではなくそういうものなのです。

読みながら、一呼吸おいて、言葉に込められた、言葉から生まれる感情を自分も感じ、そして子どもに届いた言葉を見届ける。この「一呼吸の間」が子どもと親の一体感を感じるために大切なのです。聴覚を通じた言葉の感情を分かち合うことができた時、子どもの内面世界はより豊かに深いものになっていくでしょう。幼い頃からたっぷりと昔話やメルヘンなどを聴いた子どもたちは、自分で読むことができるようになってからも、そのようなお話を読んでもらうことが好きだと言います。

心の根っこを育てる

子どもたちはそのみずみずしい心で「世界は善いところである」という気持ちを抱くのです。大きくなった時、どんなに厳しい現実に直面したとしても、世界に対する信頼感が心の根っこにあるならば、人は自らの力でその困難を乗り越えていくことができます。その根っこを育てる方法の一つが読み聞かせであり、親が子どもに贈ることのできる最良のプレゼントなのでしょう。親は、子どもがいくつになっても、その幸せを願うものです。

一度きりのかけがえのない人生を、自分の足でしっかりと歩むことができるよう、子どもの生きていく力を育てていきたいと思います。

<編集後記>

我が子が健やかに成長し、そしてしなやかに生きて欲しいと願うのは世の親の常です。
私はそんな時、井上陽水の『海へ来なさい』という歌を思い出します。


太陽に敗けない肌を持ちなさい
潮風にとけあう髪を持ちなさい
どこまでも 泳げる力と
いつまでも 唄える心と
魚に触れる様な
しなやかな指を持ちなさい
海へ来なさい 海へ来なさい
そして心から 幸福になりなさい


風上へ向える足を持ちなさい
貝がらと話せる耳を持ちなさい
暗闇をさえぎるまぶたと
星屑を数える瞳と
涙をぬぐえる様な
しなやかな指を持ちなさい
海へ来なさい 海へ来なさい
そして心から 幸福になりなさい


井上陽水さんご夫婦に子どもが生まれた時に作った歌だそうです。
この歌に込められている世界に対する肯定感は、私たち大人の心にもずっしりと響いてくるものではないでしょうか。

園長 栗原弥生

RELATED INFORMATION