やまた幼稚園

BLOG

2020/08/07

1学期終了にあたり

本日で1学期が終了となります。年度始めから休園という異例のスタートでしたが、保護者の皆さまのご理解とご協力のおかげで無事に1学期を終えることができるのを、教職員一同心から嬉しく思っています。
全員揃っての登園が始まった日の笑顔と活気にはやはり心が高揚しましたし、幼稚園は人と人が集い、お互いに影響を与え合いながら社会性を身につけていく場であるのだと、改めて実感したことを覚えています。
この2ヶ月余りのお子さんの成長ぶりはいかがですか。いろいろなことを理解し、できるようになったことがたくさんあるのではないでしょうか。年長児には自分が上級生であるという自覚が生まれ、あちこちでその力を発揮しています。その姿は年下の子どもたちにとって憧れの対象であり、いずれは自分たちもあのような素敵なお兄さんお姉さんになるのだ、という成長のモデルになっています。2学期以降も、様々なことを経験する中で一人ひとりの成長を支えていきたいと思っています。皆さまの変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
明日から夏休みになります。休みの間も身体を動かす時間がたっぷり取れると良いですね。工藤バレエの先生の話では、3ヶ月にわたる休校によって、子どもたちの足の力が非常に弱まったと感じるそうです。上級生はポワント(爪先立ち)の練習がなかなか進んでいかないのだとか。通学でたくさん歩いたり、校中を移動したりするだけで、子どもたちの足は随分鍛えられていたのだということがわかります。
皆さま、熱中症や感染症、怪我や事故にはどうぞ十分気をつけてお過ごしください。休み明け、一回り大きくなった子どもたちに再会できることを楽しみにしています。

園長 栗原弥生

RELATED INFORMATION