やまた幼稚園

BLOG

2017/09/14

Be Creativeー毎日を小学校高学年まで

2015年版の入園案内資料 “Be Creative”からの抜粋(その3)です。

臨界期を迎えるまでは、幼児は母国語を身につけるのと同様のプロセスで言葉を身につけることができますが、このようなプロセスを経させようとした場合、ある程度以上英語に触れている機会を確保することが必要です。

日常生活の中で英語を利用する機会が限られた都筑区や港北区の環境を考えますと、これは若干の工夫が必要な点です。語学教室の運営者にインタビューした際も、やはり週3回が一つの分かれ目になるとのことでした。
そこで、栗原学園では、小学校4年生までの継続した受講を前提として毎日英語に触れるプログラムを組み立てることを予定しています。

思春期が開始するころまで継続して続ければほぼ一生のものになり理想的ですが、中学受験等も勘案して4年生までを想定しています。今後希望者が集えば、小学校5年生、6年生の継続受講者向けのクラスも開講していく構えです。
将来的には公教育においてもこのような取り組みがなされることを願ってやみませんが、当学園の取り組みが嚆矢となればと考えています。

【編者注: 現在1期生が4年生になっています。】

RELATED INFORMATION