やまた幼稚園

BLOG

2018/11/05

英語教育の成果(保護者からの手紙)

夏に海外旅行をされたご家庭から、嬉しいご連絡がありましたのでご紹介いたします。

この旅行を通して、幼稚園での英語が身についていることを実感できました。あのシャイなMが、現地では別人のようでした。 いろんな人に「Hello」「Thank you」。何歳ですか?お名前は?と英語で話しかけられ、英語で答えていました。 スーパーで一人でお水を買う体験もしましたし、レストランのお会計の場面では、父親に言い方を教えてもらい「Check please」と大きい声で店員さんを呼んでくれました。

 最終日、私はMと空港の免税店に行きました。バッグの中を見たかったので「オープンオーケー?」と話したのですが、店員さんには通じませんでした。Mに同じように言ってもらったら通じました。発音が違ったようです。

行きの成田空港では、私が人とぶつかり「Sorry」と言われたので「ソーリー」と答えたら、Mに怒られました。「It’s OKだよ!ブルーのテキストでやってるでしょ」と言われました。たしかに、そういう歌がありました! 

今思うと、行きの成田空港から顔がキリッとして気持ちが切り替わっていたような気がしますし、幼稚園にはネイティブの先生がいつもいてくださり、遠足やお昼の時間も一緒に過ごしているからこそ、物怖じせずに海外で過ごせたのだと思います。主人と共に幼稚園の環境の良さをまた新たに感じました。これからも何卒よろしくお願いいたします。

(年中Mさんのお母様より)

RELATED INFORMATION