私たちのねがい

園長メッセージ

心身ともに健やかな成長に「あそび」は一番大切です。
「あそぶことが仕事である」という時期は、長い人生において幼児期の数年しかありません。

やまた幼稚園では、豊かな自然環境の中で身体を動かして思い切り遊ぶことを何よりも大切にし、自然や友だちとの関わりを通して、生きていくのに必要な「知恵」を子どもが体験的に学べるような環境作りを心がけています。



やまた幼稚園 栗原弥生

園長メッセージ

私たちの願い
個性を伸ばす
体験を通した学び

私たちのねがい

私たちのねがい

幼稚園の主役は、元気に走りまわる園児たちです。そこで職員に求められるのは、子どもらしい笑顔をいっぱいに増やしてあげること。

『やまた幼稚園』は園児のために存在し、園児の心が満たされることを第一に保育方針を決めています。

『やまた幼稚園』では、保護者を含めた幼稚園に関わっている大人たち全員が、心から子どもたちの成長を願って1人1人と関わっていくべきと考えています。

▲ページトップへ

子どもの個性をのびのびと伸ばします

子どもの個性をのびのびと伸ばします

早期教育をする園もありますが、『やまた幼稚園』では、自由にのびのびと園児を育んでゆきたいと考えています。

「早期」教育というのは、早く教育するという意味があります。しかし、中学校でやることを小学校で、小学校でやることを幼稚園で、という先取り教育は『やまた幼稚園』では控えています。

それは、幼稚園では幼稚園でしか経験できいないことがあると考えているからです。
もし、お子さんが、幼稚園で経験するべきことを経験しなかったら、それを小学校で取り返すのは少し勇気がいることになるかもしれません。『やまた幼稚園』では、幼稚園でやるべきことを幼稚園でしっかりとやるという保育方針で、園児をのびのびと育てます。

のびのびとした保育が目指すのは、子どもたちが集団生活の中で楽しく過ごせるようにすることや、自然や命の大切さについての体験を重ねてゆくこと。少し難しく言えば、「子どもが家族以外の人との対人関係を結べるようにすること」と、「子ども本人の情操を十分に開花させること」。

『やまた幼稚園』は、この2つが子どもたちの将来の発達のための最も大切な基礎であると考えています。

▲ページトップへ

体験を通した学び - Learn through Play -

体験を通した学び  - Learn through Play -

幼稚園は家庭での生活を基礎に、家庭では体験できない社会・自然等に触れながら、集団の中で自立・自律に向けた基盤を育成する場です。

子どもたちが主体性を発揮し、喜びを味わうことができるおう「遊び」を十分確保することが何よりも求められます。

近年は早期教育に関する情報が氾濫していて、戸惑いが多いのではないでしょうか。
私たちは、幼児期にふさわしい発達を促す手段は、知識偏重のいわゆる早期教育と本質的に異なると考えます。

子どもは遊びのなかで周囲の環境や友達と直接関わることを通して好奇心や探求心を抱き、自分なりに考え、感情のコントロールや思いやり、協力することの大切さなどを体験的に学んでいきます。

体験を通した学びが幼児期にふさわしい発達を促す手段であり、そのような学びの場を豊かに用意するのが幼稚園のあるべき姿と考えています。

▲ページトップへ

ご質問は随時お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

▲ページトップへ