やまた幼稚園

BLOG

2019/02/15

子育て講演会報告

1月31日、都筑公会堂にて「都筑地区幼保小教育交流事業・健やか子育て講演会」が開催されました。今回は玉川大学の大豆生田啓友教授による、「これからの時代を生きる子どもを育てる、子育て、保育、教育とは」というご講演でした。

冒頭、かの有名なヘックマン・リポートを引用し(関連1 子どもの育ちを可視化する  関連2 これからの時代に求められる力)、幼児期の教育の重要性や非認知能力の大切さについての説明がありました。2020年の大学入試改革と、それにつながる新しい学習指導要領の「アクティブ・ラーニング」導入に関する話もありました。集まったお母様方は熱心にメモを取ったり、大きく頷いたりしながら講演に耳を傾けていらっしゃいました。個人的には、こういうカタカナ言葉に踊らされるまい、という思いで話を聞いていました。政策の一貫性に疑問がありますし、やまた幼稚園が従来やってきたこと、自ら物事に働きかけ、対話を取り入れた学びの機会を提供することが、ここで言われているアクティブ・ラーニングに他ならないと思っているからです。

いくつかの事例紹介の後、最後の話は「親が笑顔でいることの大切さ」でした。子どもはママが大好きです。それが笑顔のママだったら、子どもはどんなに嬉しいか、言うまでもないことですよね。家事と育児に加え仕事を持つお母様も多く、孤立した子育て環境の中で、一人ひとりが一生懸命がんばっています。そのがんばっている自分を認めてあげましょう、自分で自分をもっと褒めてあげましょう、そうすればきっと元気が湧いて笑顔が浮かんできます、とエールを送ってくださいました。多くの方が元気をもらった会だったのではないかと思います。

翌日、講演会に参加した保護者から「やまた幼稚園の教育内容は、まさに昨日の講演で話されていた教育そのものでした。本当に必要なことをしてくださっているんだと実感しました」と感謝のお言葉をいただきました。これからも揺らぐことなく、先を見据えた教育をしていきます。

園長 栗原弥生

RELATED INFORMATION