やまた幼稚園

BLOG

園だより

2018/06/11

hugnote everyday(その2) 保護者の声

前回お伝えしたhugnote everyday。その2 として hugnote を利用した保護者の声をお伝えします。 その1はこちら

 

仕事をしているため、子どもには我慢をさせている事も多いと思います。幼少期に母親が長時間不在になる事は良くないのか?と思う事が良くありまが、ハグノートのおかげで日々の様子も分かりやすく、帰宅後に子どもと幼稚園での出来事を話しコミュニケーションをとる手立てになっています。

毎日、空になったお弁当箱を開けて見せてくれます。先生もお友達も大好きで、お休みの日も先生のところに行くと言っております。幼稚園生活はとても楽しいようです。

K.M さん(年少)

 

hugnoteになって園の様子が良くわかり、子どもと「こんなことしたんだねー!」と会話ができて嬉しいです。その反面、先生の配信が大変じゃないか心配になることも。「うちの子なかなか出てこなーい」という声も聞きます。

配布物がなくなり配信になってまだ慣れていないため、大事な情報を見落としそうになることがあります。だんだん慣れていきたいです。

N.M さん(年中)

 

まだ慣れていないため行事の時間などをすぐ確認したい時に毎回PCや携帯電話を開く必要があり、大事なお知らせは紙にしていただけると助かるな。。と思っています。

子ども自身は写ってなくてもわたしここにいたよ!と案外気にしてない様子でした。活動報告は、他のおともだちのお名前と顔を覚えられる機会になっています。家族で一緒に楽しく見ています。

Y.N さん(年少)、A.N さん(年長)

 

わたしは紙の配布物がなくなり、携帯で見られるようになり助かっています。毎日子どもも楽しみにしていて夕食の後確認するのが日課になっています。
平日子どもと多くの時間を過ごせないパパにもhugnoteの画面をスクショに撮ってLINEで送ったり、子どもが何をしたか伝えられるようになりました。

K.A さん (年長)

ご協力ありがとうございました。

RELATED INFORMATION