やまた幼稚園

BLOG

2019/02/26

How we express ourselves? Part2 中間報告

まず、絵本の読み聞かせを通してクラスで取り組む劇のストーリーを掴んでいきました。年少、年中児は劇遊びをしたり、保育者の問い掛けをもとに登場人物の気持ちを考えたりすることで理解を深めていきました。年長児になると、登場人物に対して感じている事や考えている事を紙に書き出していき、さらに考えを深めることができました。これらの活動によって、表現する時に気持ちを込めて演じようとする姿に繋がっています。また、活動が進むにつれて劇に必要なものについてのアイディアが次々あがるようになり、背景作りや大道具作りに発展しました。素材はどうするか、大きさはどのくらいにするのか等、話し合いをして決めていきました。子どもたちの声から生まれた大道具や背景は、物語の世界を繋ぐ大切な役割を果たしています。自分たちで考え、話し合いを重ね、劇を作り上げる過程を楽しんできた子どもたちです。当日どのような劇になるのか楽しみですね。

RELATED INFORMATION