やまた幼稚園

BLOG

2017/09/21

やまた幼稚園のイマージョン教育 (1)

やまた通信 2017年10月号から

Language immersion or simply immersion is a technique used in bilingual language education in which two languages are used for instruction. Most immersion programs overall goal is to promote bilingualism for students whose first language is their mother tongue. Bilingual education provide students with a greater language comprehension and exposure to other cultures. There are three types of immersion:

 

  1. Total immersion : where instruction is 100 % in the second language (L2)
  2. Partial immersion : where instruction is taught in both the mother tongue (L1) and the second language(L2)
  3. Two-way immersion : where both L1 and L2 are used in instruction but at separate times, that is only one language at a time.

In Yamata Kindergarten, we use both partial immersion as well as two-way immersion. We use two-way immersion during the 40 minutes English lesson time and use the partial immersion during other extra-curricular activities such as playtime, events, and sports day where both English and Japanese are used. Therefore, the immersion time at Yamata Kindergarten is far greater than most schools which rarely provide both types of immersion.

 

【日本語訳】

 言語イマージョンあるいはイマージョンは、2つの言語が指示に用いられるバイリンガルの語学教育の指導法をいいます。ほとんどのイマージョンのプログラムは、その全体的な目標を、第一言語が母語である生徒に対してバイリンガルとなることを促進するものです。バイリンガル教育は、言語への理解と異文化に触れる機会を深めてくれます。イマージョンには3つのタイプがあります。

 

  1. 全体的なイマージョン:100%の第2言語で教える方法
  2. 部分的なイマージョン:母語と第2言語の両方で教える方法
  3. それぞれの言語によるイマージョン:母語と第2言語の両方で教えるものの、時間帯を分ける、すなわち、一度に1つの言語を用いる方法

 

 やまた幼稚園では、部分的なイマージョンと2つのイマージョンの手法を使用しています。 40分の英語レッスン時間には、それぞれの言語によるイマージョンを使用し、自由に遊んでいる時間や、イベント、運動会などの英語教育以外の活動では部分的なイマージョンを用いています。この点で、やまた幼稚園でのイマージョンの時間は、多くの学校が両方のタイプのイマージョンを提供することが少ない点で、秀でています。

RELATED INFORMATION